あっとほーむからの「お知らせ」

子育て支援起業講座

2017年5月13日 想いが実現するその日まで


こんにちは、小栗ショウコです。

 

先週日曜日に、あっとほーむカレッジ9期生の卒業式を終えましたが、みんながこの日に卒業したわけではありません。

今日は8期で受講して一旦お休みしていた方が久しぶりに来てくれました。

みんなと一緒の日に授業を受けられなかったので、個別コンサルティングに切り替えて再開です!

20170512

 

こんなに若いのに園長先生としての実績もあり、だからこそ見えてきた保育士の課題を解決する事業を計画しています。

今の時代にマッチして、すでに出来ることから始めてるので、あとはこれとあれとこれをやるだけだね!ってとんとんと~んと話が進みました。

みんなが自分の想いを実現できるその日まで、応援していきます!

 

 

« »

関連記事

2016年8月29日 起業できる人がしていることは?

宮尾さん

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   昨日8月28日日曜日は子育て支援起業講座の説明会&先輩起業家のトークサロンを開催しました。 今回も遠くは三重県から参加してくださいました!嬉しいことですね! 説明会会場はあっとほーむ。あっとほーむがどんな雰囲気の場所なのか感じてもらえたようです。     今回は、先輩起業家としてNPO法人アフタースクールにじのいえ・代表 宮尾智美さんがTV電話を通して自身の経験をお話してくださいました。   宮尾さんは、説明会に参加し、小さいお子さん二人をご家族に預けて大阪から横浜まで月に1度の起業講座に通ってくれた方です。宮尾さんが説明会で小栗さんと出会って、自分自身や周囲の人々がどう変わっていったか、起業までの準備期間や起業してからの話をお話してくださいました。   今でこそ起業して順調に運営している宮尾さんですが、説明会に参加した当時から「ぜったいこの事業をやるんだ!」と起業を強く心に決めていたわけでなはく、あっとほーむのようなところができたらいいな~という淡い期待と、自分の周囲の子育て支援の環境や課題にどうしたらいいのか、自分で何かできたらなという想いだったそうです。   宮尾さんはもちろん、あっとほーむの子育て支援起業講座を卒業し、開業されている方々に共通するのが、行動力と発信力がすばらしいということです。起業に大事なこの要素を小栗さんのもとで学んで、身につけて、起業という今があるんですね。  今回説明会に参加してくださった方々にも、起業に何が大事なのかということが伝わり、はじめの一歩を踏み出すきっかけになったらいいなと感じました。   9月11日(日)の説明会&トークサロンがあります。実は9月も宮尾さんがお話してくださいます!小栗さんや宮尾さんからお話を聴いてみたい!と感じた方、ぜひご参加ください。 お申し込みはこちらから。      

2016年3月13日 子どもの命を守る責任

DSC08116

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   今日は子育て支援起業講座・運用実務コースの4日目、LSFA children’sという乳幼児応急手当を学ぶ一日です。   小栗さんがインストラクターの資格も持っているこの乳幼児応急手当講習は、子どもに関わる事業をするならばとても大事な講習になります。毎日の保育では、けがや事故をまず予防することが重要ですが、万が一いざというときにも子どもたちの命を守るために、すばやく対応をとれるように、このスキルを定期的に繰り返し学び、訓練することも重要です。       働くママやパパが仕事に集中してがんばるには、いかに保護者から大切なお子さんをお預かりする保育者、事業者が安全、安心な環境で子どもたちと向き合っているか、保護者の方々と信頼関係を築くかです。LSFA children’sインストラクターとして、小栗さんからは子どもたちが安心して過ごせるように、環境を整えたり、大きなけがや事故につながらないように何を気を付けなければいけないかもお話がありました。   そして、あっとほーむの子育て支援起業講座では、ただ、応急手当の手順を話すだけではありません。いつか起業して事業者となる受講生のために、事業者として、安全安心な保育環境をつくるために、人材の雇用や従業員となるスタッフにどんなふうに何がいけないということを指導していくのかということもお伝えします。   世の中にはたくさん応急手当の講習はあるけれど、事業者となる受講生へ向け、こういった視点でもスキルを伝授してくれる場所はなかなかないと思います。   私は何度も受けている講習ですが、繰り返しやることでだんだん身についているのがわかります。とくに訓練中はいつも接しているあっとほーむのかわいい子どもたちの顔が浮かんできます。改めて、子どもたちの命を預かる仕事をしていること、命を守る責任があるということを強く感じました。   きっと受講生もただ起業をすればいいということでなく、改めて事業者、保育者としての責任感を意識した一日になったのではないでしょうか。     3月27日(日)の起業講座7期生の修了式までのこり2週間となりました。   今回の修了式は、子どものチカラを伸ばすプロフェッショナル、大石稜子さんをお招きする基調講演とセットになっており、一般の方もご参加いただけます。仕事やボランティアなどで子育て支援に携わる方、これから携わっていきたいなと感じている方、大石さんから直接お話しを伺える機会です。お申込みお待ちしております。    

2015年11月15日 心強い味方とともに

20151115

  こんにちは、あっとほーむの阿部依里子です。   だんだんと寒い日が多くなって、本格的な冬の足音が聴こえてきましたね。     さて、11月8日(日)は子育て支援起業講座・運用実務コースの3日目。 そして、本日11月15日は起業準備コースの2日目を開催しました。   運用実務コースの前半は、修了式を目指し着々と事業プレゼンが出来上がってきた6期生に向け、社会保険労務士の平山久美子さんが特別講師として開業に向けて具体的なアドバイスをくださいました。   まず、ここまでたくさん悩んで、考えて、磨いてきたそれぞれのプレゼンを平山さんに発表。少し緊張した面持ちの受講生でしたが、少し話し始めると、起業講座ではじめてプレゼンを発表した頃とは比べ物にならないくらい自信を持ってお話していました。   受講生たちの想いが伝わるプレゼンに、平山さんも時間をかけてひとりひとりにアドバイスを返してくださいました。17年間の実績を持つあっとほーむの代表・小栗さん、そして、平山さんから専門家としてのアドバイスがいただけるなんて本当に貴重な時間です。   後半は事務局長から、事業を継続していくために大切な事務処理や、よくあるトラブルとその対応方法などを学んだ6期生。今までよりもさらに具体的な内容に、自分が事業をはじめるという自覚もさらに強まったようです。   起業を目指して進んでいても行き詰まることもあります。そんなとき、だれかに相談したい。専門家や経験があってよく分かる人に話を聴きたい。 でも、自分の想いも理解してくれて、アドバイスをくれる方々と出会えることは難しいんですよね。   あっとほーむの起業講座を修了した多くのみなさんが「あってよかった」というのが、特別講師による授業やあっとほーむのノウハウを余すところなく伝えてくれる講座内容。   そして、迷ったり悩んだら、「いつでも相談していいんだよ」という小栗さんの姿勢です。だから「起業」というはじめてのことでも、一歩ずつ着実に前に進めるんですね。       そして本日の起業準備コースを受けた7期生は、今日初めての事業プレゼンを行いました。   2日目の締めとしてのプレゼン前に、改めて自分の中にある「自分自身も気づいていなかった想い」に気づいた受講生たち。受講生の才能や能力、個性を活かしたビジネスアイディアが出てきました!   新たなアイディアを前に受講生たちの表情や話し方も一変!笑顔も多く、どんどん内容も膨らんでいきました。事業者自身の本当にやりたいことを見つけるあっとほーむの起業講座の醍醐味です。その場にいた私も思わずわくわくしてしまいました。     7期生はまだまだ動き出したばかりですが、6期生は来月が修了式!!2015年12月6日(日)の修了式&最終プレゼン発表会の第一部では、ライフネット生命・出口会長の基調講演がございます。長く勤めた生命保険会社を退職し、新しい形の保険会社を立ち上げたその思考軸と行動力、見習うところが多いはず。一般の方もご参加頂けますので、起業したい方、起業している方、起業講座に興味がある方、6期生の想いを聴いてみたいという方、ぜひお申し込みください!  

2014年7月6日 子育て支援起業コース修了!

20140706

こんばんは、小栗ショウコです。 本日、午前中は無料説明会&スタートアップセミナー、午後は子育て支援起業子コース最終日でした。子育て支援起業コースは、子どもに関わる事業をしたい方のためのコースで、ぼんやりとしているけどいつか自分で何かやれればいいな~と思っている方に受講していただける4日間のコースです。 今回の受講生は、 ●近所にあっとほーむがあればいいけど、ないなら自分で作っちゃおうという保育園児と小学生の子どもを持つ働くママ ●現役保育士の経験から、保育園では対応しきれない保育を担うことでママたちの心の支えになることを目指している方 ●保育士仲間3人で地域の子育て支援拠点を作ろうとしている方 ●幼稚園教諭経験から、もっと子どもたちの心と体の健康を作りたいという方 ●学童保育の指導員経験から、父親と子どもの絆を作ろうとする人 ●児童養護の経験から親子のサポートをしようとしている人もいます。   現在の受講生は保育資格があるか経験がある人が集まりましたが、資格と経験がなくても子育て支援はできます。(保育資格はこれから取得すればいいですし、1期生2期生は資格も経験もない方のほうが多かったです)受講する前、こんなにはっきりと目標を言える状態ではなかった人もいます。でも4日間で自分にたくさんの問いかけをして、自分のやりたいことを明確にした受講生たち。本当に素晴らしいです。今後は全員がおうち保育園®コースに進み、更に具体的な事業スキルを身につけていきます。   社会に役立つことしたいな、地域の子どもたちのために何かできたらいいな、何をすればいいのかわからないけど働くママのサポートがしたいなと言う方は、是非秋からの子育て支援起業コースにご参加ください。あなたにもきっとあなたらしい子育て支援ができるはずです。 子育て支援開業講座を受講するには 小栗ショウコ

2015年10月11日 男性も!

7期ー1

こんにちは、小栗ショウコです。   雨のため、子どもたちが楽しみにしていた学童合同祭りは中止になりましたが、大人の勉強会は予定通り開催! 今日から子育て支援起業講座7期が始まりました。今回はお二人が参加。異色の経歴の男性も参加して、自分の目指す事業を見つけていきます。   「私、何も出来ないんです~」 という人に限って、たくさんの引き出しを持っていて、時間が経つごとに実はこんなことができるとか、あんな知り合いがいるとか、「それって事業やるのにはすごい強みなんですよ~!!!」と叫びたくなるようなものを出してきます。今日のお二人も、たくさんの笑顔を見せてくれながら、自分の想いを語ってくれました。卒業までにたくさんの強みを引き出したいと思います。   子育て支援起業講座7期は11月からでも受講できます。講座の内容をお伝えし、すでに受講して開業した先輩のお話も聞けるトークサロンを設定していますので、どうぞこちらにお越しになり、講座の内容等検討してくださいね。お待ちしています。