あっとほーむからの「お知らせ」

セミナー・イベント登壇

2017年6月6日 居場所を作ってね


6月5日、つづきMYプラザで毎年恒例の思春期セミナーを開催しました。

思春期セミナー2017

※写真は講師と共催のみなさん。

 

難しくなってきた子育てのヒントを見つけにいきませんか?という副題で、都筑区内の小学校高学年から中学生に個別配布されるチラシの効果で毎年定員オーバーになるセミナーです。小学生から中学生の子の親だけでなく、実は20代30代の子を持つ親も、悩みを持って参加されます。

 

そういうみなさんに私たちが訴えているのは、居場所を作ってねってこと。

居場所ってね、誰かとつながっているという感覚を持てることです。
自分を信じてくれる親がいること、先生がいること、友達がいること、親戚のおじちゃんおばちゃんがいること、近所のお兄さんお姉さんがいること。どれかがあれば人は自分を信じていける。自分は愛されている存在だと認識できるのです。

そうすると、大変なことがあっても「この環境は親が悪い」「社会が悪い」「だからみんな殺しちゃおう!」とう発想にはなりません。
それは2年前、1年前、今年と、セミナーで講師をしてくれたそれぞれの専門家が集めてくれたデータでわかっていることです。

 

 

あっとほーむには、利用中のママや卒業したママたちが「どうしたらいい?」と相談してくれることもあるし、その子どもたちが人生の節目で悩みを打ち明けてくれることもあります。
私がいつも相談される側の万能な人間というわけではないし、誰とでも合うわけでもないし、どんな相談でもど~んと来い!ということはありません。
私一人で出来ることは限られるけど、私と同じように子育て中のママや子どもの相談に乗りたい、なんとか力になりたいと言う人は世の中にたくさんいます。
今回共催した3団体の皆さんをはじめ、あっとほーむのようなところ自分でも作りたい!と学びに来る人も、みんなみんな、何とか力になりたいと行動している人たちです。

 


だけど子どもたちは、まだまだ家庭以外の居場所を自分で作れません。
親以外の信頼できる人を自分で見つけることはまだ出来ないのです。
だからどうぞ子どもが小さいうちに、子どもの居場所をたくさん見つけてあげてください。
それがきっと、思春期になり、大人になってからの居場所につながるから。

 

 

まずはパパママが信頼できる人を探しましょう。
学校や塾や保育園や学童保育、習い事やキャンプなど、ママ友でもいい。今まで生きてきた中で信頼できる人がきっといたはずです。
この人はパパママが信頼している人なんだということは、子どもにも伝わります。
そうすると子どもはその人を信頼できるし、困ったときには助けてっていえる居場所になります。
そうやってたくさんの居場所を作ってあげることが、子どもの自立につながるんですよ。

 

強く幸せに生きる大人になるために、今から子どもの居場所をたくさん探してあげてください。

 

«

関連記事

2015年6月4日 YOKOHAMA Changemaker’s CAMP

チェンジメーカーズキャンプ

横浜の抱える社会課題を、ソーシャルビジネスの手法で解決しよう!という意欲あるスタートアップ期の起業家を、「メンター」と呼ばれる先輩起業家やサポーターとともに支援するプログラム、YOKOHAMA Changemaker’s CAMPが始まります。 今年は代表・小栗ショウコがメンターとして約半年間伴走させていただき、横浜で「無理なく働き続けられる地域社会づくり」に取り組んでいる子育て支援、介護、ダブルケアなどの事業者と共に、新しい社会を一緒に作り上げて行きます。テーマに共感する事業者の皆様、この機会に是非応募してください。 ————————————————————— Yokohama Changemaker’s CAMP2015     ~参加起業家募集中!~  http://yokohama.etic.or.jp/camp/—————————————————————-2015年度は2テーマ×4名の社会起業家を募集!本プログラムは、高い志を持ち挑戦を続ける社会起業家を横浜コミュニティの力を結集して応援する、 半年間の実践型プログラムです。募集テーマ(1)『無理なく働き続けられる地域社会づくり』  メンター:小栗ショウコ氏〔認定NPO法人 あっとほーむ  代表理事〕(2)『人と人、人と自然が共に生きる未来に貢献するブランドの創出』  メンター:藤澤徹氏〔株式会社 新藤 代表取締役社長〕概要 応募期間:6月1日(月)~7月5日(日) 定 員:8名(各テーマ4名ずつ)  対 象:創業3~5年目で更なるステージアップを目指す起業家の皆様 会 場:横浜市内(主に関内を中心) 参加費:無料※まずは、説明会にご参加ください。詳しくはWEBまで!  

2016年12月13日 ワークライフバランスセミナー登壇

磯子区セミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   9月下旬から12月まで、合計4回、磯子区役所の責任職の皆さまにワークライフバランスセミナーを実施しました。   このセミナーは今年の3月に、職場復帰する産休中の方や子育てとの両立をしている方向けにセミナーをさせていただき高評価だったので、今度は責任職の皆様にさせていただくという、ありがたい機会でした。副区長から部長、課長、係長までが、自分と自分の部下が目標達成しながら充実したワークライフバランスを取れる方法を知ることが出来た!と想像以上の評価をくださいました。 打ち合わせから当日の進行まで担当してくださった庶務課の皆さんが、本気で取り組む姿に感動して今年分の外部セミナー講師の仕事を終えました。 この機会をくださった磯子区職員の皆様、ありがとうございました。    

2014年3月15日 ソーシャルビジネスフォーラム2014

SBF2014

横浜市経済局主催のソーシャルビジネスフォーラム2014。 ご縁があって2012年に引き続き、今年もフォーラムでお話しさせていただきました。 分科会3:「地域を超え相互に解決力を高め合う起業家たち」のゲストです。 打ち合わせがあり、基調講演は途中までしか聞けなかったけど、コミュニティカフェとして有名なクルミドコーヒーの影山さんとはその後の交流会で名刺交換させていただきました。 一度行ってみたいな~。   私がお話しした分科会3では、株式会社シェアするココロの石井さん、 シュアールグループの大木さんとご一緒させていただき、お二人の事業のことも聞くことができて、とっても興味深かったです。 私はあっとほーむのこと、それを広げるきっかけやどう広げていくのか等をお話しさせていただき、分科会後の交流会では何人かの方と名刺交換がてらお話しさせていただきました。 子育て支援に興味のある人、今まで特に感じていなかったけど私の話を聞いて興味も持ったと おっしゃっていただいた方、大学でお話ししてほしいという方もいて、 私の話でもお役にたてたと思うと嬉しかったです。   こういう機会で、働き続けたい女性の現状や悩みや葛藤、それを解決するために 同じ地域に住む私たちが支援できることを一人でも多くの人に伝えて行きたいです。   今日のゲストに呼んでくださった株式会社イータウンフェローの米田さんに感謝します。 個人的には、米田さんのようにみんなが気分良くなるような気遣いのできる女性になりたいと思っています。 (大雑把な私には遠い道のり・・・)   フォーラムに関わってくださった皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました。                       小栗ショウコ  

2014年11月9日 万が一を予防する

20141109

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日に引き続き、子育て支援開業講座です。今日は春から受講している3期生(+1期生とあっとほーむスタッフも含む)の皆さんたちの応急手当講習の日。1日フルに「子どもたちにいかに安全に楽しく過ごしてもらうか」を勉強しました。私たちの活動は、子どもの命を預かるとても大切なものです。子どもが好き、ただそれだけで出来ることでも、子育て経験があるからできるわけでもなく、こうして日々子どもたちのことを考えて、勉強し続ける人ができることだと思うのです。 万が一の時の応急手当。でも万が一を作らないように日々予防していくことはもっと大切。今日はそういうことを勉強してもらいました。 私たちは、いつも子どもたちのことを考える+活動していく私たちがそれぞれ幸せになることを目標に事業を作って行きます。 みなさん今日もお疲れ様でした!    

2014年6月4日 おじいちゃんおばあちゃん世代へ活動紹介

no igame

こんにちは、小栗です。   昨日はご近所の大型マンションのシルバーサロンにお邪魔して、あっとほーむの活動紹介をしてきました。 私が個人的にボランティアをしていたコミュニティカフェで出会った方がシルバーサロンをまとめる方で、是非お話ししてほしいということで行ってまいりました。   参加してくださった方は男性もいましたが、女性の皆さんは自分は専業主婦で過ごしてきたという方ばかりで、今どきの働くママについてどう思っているのかちょっと心配な部分もありましたが、みなさんうなづいて話を聞いてくださりびっくりしました。 近くに住むお孫さんのお世話をしている方、海外に住むお孫さんのお世話をしに行くという方もいて、かわいいお孫さんのために頑張っている世代です。お孫さんのお世話、同じマンションに住んでいる子どたちのお世話、そして関心があるならあっとほーむでのボランティアも是非とお勧めしましたが、おじいちゃんおばあちゃん世代の子育て支援のコツは、頑張りすぎないことです。子育てに一段落し、ご主人の定年を迎えて、やっとご夫婦で自由にできる時間を持てたと言う人もいれば、自分の趣味やお友達との観劇や旅行も楽しみたいだろから、親族だけでなく地域のいろんな人の手を借りて、おじいちゃんおばあちゃんも、パパママも子どもたちも、ムリせず子育てに参加してほしいと思います。   最後にお抹茶とお菓子をいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。こういうおじいちゃんおばあちゃんだったら、みんな幸せだろうな。